プロ野球開幕が待ちきれない企画第二弾。
カープの開幕一軍メンバーを予想しよう。
第3回はセカンド編です。
【①カープの現状:二塁手】
現在のところ、セカンドは菊池選手でほぼ固定されています。
ご存知の通り菊池選手の守備は鉄壁であり、他の追随を全く許しません。
というか、異次元の場所にいて、守備力で彼を上回るのは年齢的にもしばらくムリでしょう。

ただ、菊池選手の場合、足や体調面で不安を抱えており、私が見た感じでは
2017年は2016年に比べて守備範囲が狭まっていた気がします。
何試合か欠場したり、試合終盤にベンチに下がることがありましたね。

【②考察:二塁手】
考察のアプローチとして、菊池選手が体調不良の際のサポートとしての選手を選びます。
2017年シーズン、菊池選手以外でセカンドを守ったのは、安部、西川、上本、小窪選手あたり。

現状打力も考慮したスタメンは安部選手がメインとなりそうです。
西川選手はセカンドは不得手のようで、上本選手は打力向上が必要ですね。
そうなると一軍キャンプに参加している美間、庄司選手にも出番があるかもしれません。

特に美間選手は右打者というのがポイントが高い
もし捕手に坂倉選手が入り、菊池選手が出場しないとなると、
レギュラーで若い右打者は鈴木誠也選手だけになってしまいます。
このあたり、右がもう一枚欲しい、という考えがベンチにあると可能性は出てきます。

ただ、美間選手の場合サードが本職なので、安部選手がセカンド、美間選手がサード
となる可能性もありますね。肩も強いですし。

【③開幕メンバー予想:二塁手】

  菊池涼介
  安部友裕
  上本崇司
  美間優槻

【④今シーズンの展望:二塁手】
開幕当初は、2017年シーズンと同様に菊池選手がスタメン出場を続けると思います。
ただ、菊池選手の状態を考慮して試合終盤は上本選手、美間選手の出番があると考えます。
あと庄司選手にもチャンスはありそうです。

試合終盤の投手の打順で、美間選手が代打で出てそのまま守備につく、
という場面が何度か見られるのでは、と期待しています。

なんにせよ、現在菊池選手に頼りすぎている状況なので、
リスクマネジメントとして、セカンドを守れる選手を増やしていくのはセオリー。
とにかく菊池選手を適度に休ませてあげて欲しいです。

以上、今回は二塁手編でした。
次回の開幕メンバー考察は三塁手を予定しています。
関連記事: