今日はカープ愛炸裂番組カーティストの第5回目でした。
今回はなんとCHEMISTRYの堂珍さんがゲスト出演しました。
番組名の『カーティスト』とは『カープ』+『アーティスト』の造語。
そのコンセプトに基づきカープファンの大物アーティストが登場です。

さすが堂珍さん、ものすごいカープ愛が感じられる内容でした。

堂珍さんは昔、広島市民球場の切符切りのアルバイトをしていたそうで
カープ選手とすれ違うことも頻繁にあったとか。
大野さんはバイトにもすごく優しかった、
前田智徳選手が(ホーム球場にも関わらず)道に迷っていた、など
かなりディープな話をしてましたね。

2017年リーグ優勝の瞬間はミュージックステーション登場前
気もそぞろだったとか。
ポルノグラフィティさんも同じく浮足立っていたらしいです(笑)

CSについては、DeNAの筒香選手のドロだらけのシーンを見て
イヤな予感がしていたとのこと。それは私も感じましたね。

大物ミュージシャンらしく、CSの第1戦は国歌斉唱で参加してたことを話すと
何故か田中さんが「オレも上手く歌える」と言い出し、実際に歌い始めました。
大げさに抑揚をつけてましたけど、結構上手かったですよ(笑)

堂珍さんが頑張って欲しい選手に『堂林選手』を挙げてましたね。
トレードで出て活躍して戻ってきてもいい、なんとか成功して欲しい」と
本当に選手への愛を感じるコメントをしてました。

正直私も同感で、今のカープの選手層では堂林選手が出るチャンスが極端に少ない。
堂林選手より若くて試したい選手が一杯いる現状では……。頑張って欲しいです。

その後、「選手にプレゼントを貰う」というミッションの話に。
堂珍さんは昔、誕生日にカープ選手のサイン寄せ書きを貰ったとのこと。
ただ、『誕生日が10日ズレていた』らしいです(笑)

以上、今週はこんな感じでした。

堂珍さんは来週もゲスト出演してくれるそうです。
たぶん2本撮りなんでしょうね(笑)

やっぱり30分じゃ全然足りないなあ。また来週が待ち遠しいです。
関連記事: