広島名物といえば、お好み焼き、カキ、汁なし担々麺など。
このあたりは広島の街に行けばすぐに食べられます。
しかし、『ホルモンの天ぷら』は広島市西区のかなり限られた地域でしか
食べられないでしょう。
今回訪れたのは『あきちゃん』というお店。福島町の電停から徒歩2分ぐらい。

私は子供の頃このあたりに住んでいたので、ホルモンは天ぷらの一種類として
普通にあると思っていたのですが、他では一度も見たことがない
ホルモン天ぷら6種
左からセンマイ、白肉、ハチノス、ビチ、ヤオギモ、オオビャク、だと思います。
センマイ~ビチは牛の胃、ヤオギモは肺、オオビャクは大腸。
オオビャクはホルモン焼肉でよく使われる部位のようです。
1個110円。白肉だけ120円だったかな。安い。
包丁とまな板
この包丁とまな板を使って自分で切ります
切った
こんな感じ。

今回、25年ぶりぐらいに食べたのですが、記憶より遥かに柔らかい
揚げたてのホルモン天ぷらはかなり美味しいです。
個人的にはセンマイ、ヤオギモ、オオビャクが好み。
でんがく汁
これは『でんがく汁』。380円。
ホルモンが入った塩味系のスープです。かなり美味しい。
嫁さんはずっとすすってました
うどんを入れたものもあるようので、次回は試してみます。
牛すじおでん
このお店にはおでんもあります。1本110円
牛すじおでん2
目玉は『牛すじのおでん』ですね。とろとろになるまで煮た牛すじは絶品。
嫁さんと二人で立て続けに5本も食べてしまいました。

二人で満腹になるまで食べて2千円弱と、コストパフォーマンスは高い。
嫁さんも大満足で、これから頻繁に通うことになりそうです。

関連記事: